新着記事

takeshi

金属機械加工の世界に入った経緯

GSXR1100をパワーアップする為です 夏の干ばつにやられた落葉樹 戦闘機パイ ...

ファナックのマクロで30年以上稼いでます。④

FUNUC,Gコード,NC旋盤,ファナックマクロB,マクロ DMG MORI,マシニングセンター

マクロプログラムを覚えるまでの思考

本業公開!NC旋盤マシニングセンターを操る サンガクエンジニアリング創業時より取り組みました、 NC旋盤で習得したファナックGコードの解説です。 CAD CAMが手ごろな値段で入手できる現在は、 ふれる機会はないかもしれませんが、よく使う加工プログラムを パターン化しマクロ登録しておくことで、数字を置き換えるだけで 加工できますので、非常に段取り替えが早いのです。 プログラムをマクロで作りこむことで、プログラミングと確認作業が めちゃくちゃ早いのです。  平成元年より習得したコードですが、30年たった今でも通用しています! 沢山あるマクロプログラムを一つずつ公開してゆきますね。 森製機NC旋盤ファナック15T,0T 遠州マシニングセンターファナック11M,6M,0M 関東機械マシニングセンター三菱メルダス オークマNC旋盤を経て 現在DMG森製機製マシニングセンターが愛機です。

輪郭切削時の深さ制御の方法

旋盤使用中につき

写真は、どのみち暇なので、フライスで小物加工です。

旋盤で加工したほうが、早いのですが、このフライスに付属の円弧サイクルを使って加工します。

まるっきりの、汎用フライスでやろうとすると工夫が必要になり(インデックステーブルなどが必要に)まだまだ時間がかかります。


そんなわけで、今日もGコードマクロのZ切込みの考え方の共有です。


刃物に応じたZ方向の切込み量Kを設定し最終降下点Zをメインプログラムで設定するだけで、走ります。

ぼくは何時も多用している手法です。

Gコードマクロの説明

まずは実践コードを記します。

ザグリ穴を例に書きます。

O6001(ZAGURI MQ);

  1. #100=#18-#20/2;
  2. #101=FUP[#26/#6];
  3. #6=#26/#101;
  4. G91G0X#100Y0;
  5. G90G1Z0F500;
  6. WHIL[#101GT0]DO1;
  7. G91G3I-#100Z#6F#9;
  8. #101=#101-1;
  9. END1;
  10. G3I-#100;
  11. G91G1X-#100Y0F500;
  12. G90G0Z50.;
  13. M99;

一行目から解説

1.変数#100に穴の半径R=#18から工具T=#20の半分を引いたものを代入#100=#18-#20/2今回は工具補正を使わないのでこの一行が必要になります。#100は主軸センターの穴中心から見た、移動半径になります。

2.2行目 目的の深さZ=#26を一回のZ切込み量K=#6で割、FUPで切り上げる。割り切れない場合、切り上げる事により想定Kより少くし、刃物の負荷を軽減する。#101に切込み量Kの時のZ切込み回数が代入される。

3.3行目 Z=#26を2行目の切り込み回数#101で割、一回の実質切込み量を#6に代入する。#6は書き換えられます。

4.4行目 #100の半径移動をG91にしているのは、同じ穴が複数ある場合を想定している為です、G66でも使えます。

5.5行目 加工上面をZ0としています。Z0から何ミリ下げるかをメインのZに書きます。

6.6行目 #101 GT 0 は#101にはZ切込み回数が代入されています。この条件分岐WHILE文は条件が成立している間END1までを繰り返します。なので#101の値は8行目でサイクルを繰り返すたびに一つ減ってゆくので、[#101 GT 0] GTは#101>0なので、0になった時点でぬけて、END1直後へ飛びます。

Z方向、深さ制御が目的です。


今回の肝はこのZ制御の考え方です。1.4.7.10.11行は形状(こんかいは反時計回りの円弧切削) なので、アプローチとZの降下点を決めるための記述です。様々な形状に使えますので、Zの切込みを分けたい時に利用してみて下さい。

メインプログラム例

スタートブログラムNo座標系、工具長補正、省略ワーク上面Z0です。

G90G0Z10.M8;

Z2.;

G65P6001Z-17.K2.R50.T32.;

G90G0Z50.M9;

以下省略

プログラムの設定

100∅の穴で深さ17mmを32∅のカッターで彫り込みます。

40∅の下穴があいています。

G65でP6001を呼び出して、

深さZ,切込み量K,仕上がり円の半径R、使用工具の径T

を入力するだけで使えます。

穴径―下穴径=工具径以下とかの限定条件がありますが、

応用できますので、参考になれば幸いです。

今回の説明は以上になります。

adsense001