新着記事

タケノコとワラビのみそ汁

ニセコアンヌプリのタケノコとウドに会いに行く。

戦争になったら山に逃げ込み、暮らしたいと思います。平時より練習を兼ねて、山菜採り ...

g-コードマクロ、シンプルカッター編

森製機 マシニングセンター

前回のフルバック面引きマクロのシンプル版~基本形

前回の記事

角取りや大物でY軸の移動も加味してしまい、少し複雑になりました。

基本はシンプルにカッターの刃径よりも薄く、Y軸の移動をしないマクロを説明します。

ぜんかいのY移動が無いのでシンプルです。

今回は例に丸材の2面取りで書きます。

メインは移動距離X,取り代Z,一回の切込み量Kを書くだけです。

原点はX方向ワーク中心

Zはワークトップ

Yもワークセンターです。

刃物はいつもの32パイ2枚刃スロアウェイチップのカッターです。

ワークは180パイ板厚20mmの円盤で

二面取り幅150mm仕上がり。

マクロ本体 O5292

バイスに加えて原点は上記位置で、ワーク真ん中Z10mmにアプローチします。

取り代は180mm-150mm=30mm/2=15mmです。

切込みは3mm設定。

Xは右に早送りでX70mm

Z0にアプローチしてWHILE文で繰り返します。

マクロ本体

O5292

#100=#24/2+20;  (X半分に刃物径の半分16mmと4㎜の余裕)

#101=#100×2;  (X切削移動量)

#102=FUP[#26/#6];  (Z取り代15mmをK切込み3mmで割り切り上げ)

#6=#26/#102;  (#102切込み回数でZ取り代を割り、実質切込み量の設定)

G90G0Z10.;  (アプローチ)

X#100;  (アプローチ)

G1Z0F1000;  (アプローチ)

WHILE[#102 GT 0] DO 1;  (#102回数が0以上まで以下を繰り返す)

G91G01Z-#6F1000;  (実質切込み量 FはG1の為、G0でも可)

X-#101 F300;  (Fは#9として、メインでF300としても同意)

G00Z0.5;  (逃げ)

X#101; (早送りで戻す)

Z-0.5;  (逃げ戻し)

#102=#102-1;  (回数減算)

END 1;

このまま仕上げを入れたければここに書く、例えば

(G91Z-0.1F1000;)

(G01X-#101 F250;)など

G90G00Z50.;

M99;

メインプログラムではマクロ呼び出し

G65P5292X130.Z15.K3.(F300);

一行で終わり。

Xの値を適宜変えたり、取り代はZ、切込み量はKです。

最後に0.1mm とか、仕上げサイクルを入れる場合はZ15mmとる場合はZ14.9にする.

Z寸法に注意です。

作っておくと便利なマクロです。

角物で、原点を右上角に設定したのなら、マクロ文は以下のように変更します。

O5292

☆#100=#24+20.+20.;  (X移動量はアプローチ20.と抜けて20.を加味する)

☆#101=#100+20.;  (ここ不要になります)

#102=FUP[#26/#6];  (Z取り代15mmをK切込み3mmで割り切り上げ)

#6=#26/#102;  (#102切込み回数でZ取り代を割り、実質切込み量の設定)

G90G0Z10.;  (アプローチ)

☆X20.;  (アプローチ)

G1Z0F1000;  (アプローチ)

WHILE[#102 GT 0] DO 1;  (#102回数が0以上まで以下を繰り返す)

G91G01Z-#6F1000;  (実質切込み量 FはG1の為、G0でも可)

☆X-#100 F300;  (Fは#9として、メインでF300としても同意)

G00Z0.5;  (逃げ)

☆X#100; (早送りで戻す)

Z-0.5;  (逃げ戻し)

#102=#102-1;  (回数減算)

END 1;

このまま仕上げを入れたければここに書く、例えば

(G91Z-0.1F1000;)

(G01X-#100 F250;)など

G90G00Z50.;

M99;

今回は以上です。

ウクライナ紛争で、材料が高いですね、どこまで上がるか読めません。

資源の少ない我が国は、加工技術で資源国と共存する事が大切なのに、かないません。

加工スピードは戦争になったとき、勝敗を分けます。

弾や武器の供給が間に合わないと戦いになりません。

我々加工産業も30年放置され、中国に持っていかれました。

1998年頃、僕も中国へ行かないかと、商社に誘われたことが有りました。

人件費の安い中国へ移転すると儲かるぞ!!と、

行ってしまった中小企業はその後中国の公社にとられて、帰ってきた社長もおりました。

アイフォンもパソコンも、生産は中国へ行きました。

こういう時代が来ることはわかりきっていました。

僕も今、アンちゃん時代の月給です。

復活したいものですね。

頑張りましょう!!日本を取り戻しましょう!!

adsense001