新着記事

takeshi

大谷翔平君に思う人生設計の方法

紙に書き出す目的の実現方法 成りたい自分になるために必要な事とは 大谷翔平君全米 ...

アフィリエイトと機械加工その6

メンター

信頼すべきメンターとの出会いを期待してます。

タケ工場長

旋盤工の世界に入った時と同様に 新たな学びについて話します。
アフィリエイトという新たな収益を上げる、学びの経緯を書き留めます。
一歩踏み出す勇気をもって、
貫きましょう! ヤリタイことを!

アフィリエイトと機械加工その5はこちらから

半年やってきて見えてきた事メンターと言う存在


最初に知った”副業で一億円”の小玉歩さんも言われておりますが、先生のやり方をまねる。

先生に言われたことを素直に聞き実行する。

最短で収益を上げる近道です。僕もその通りだと考えます。

小玉歩さんにも先生が居るはずだと思いました。

小玉歩さんのサイトはこちらから

船原徹雄さん, 物販総合研究所のブログはこちらから

船原さんのサロン案内サイトはこちらから

小玉さんは船原さんに出逢い飛躍したそうです。

船原さんのサイトには、あらゆる手法が公開されています。

深く知りたければ各手法でコンサルも受けることができます。

僕は最初わからない事はすべて船原さんのサイトで解決できました。


小玉さんから船原さん、紙さん、竹本さんとつながりがあるようです。

船原さんの会社はインターネットビジネスの総合デパートのようです。

メルマガアフィリエイトという手法


インフォトップのセールスメールのおかげで目移りした僕は、いろいろな人のメルマガを読みまくりました。

アフィリエイターに成りたくて、メンターを探していました。

ちょうどそのころ4月頃だった思います、彦坂盛秀さんを知りました。

彦坂盛秀さんのサイトはこちらから

それまでいろいろな情報発信を見てまいりましたが、彦坂さんは惜しげもなく全て公開され、その情報の質と量の多さに感銘を受けました。

わからなかったことが全て知る事ができました。

しかし、僕のメンターになっていただくにはレベルが違い過ぎました。

ある程度稼げるように勉強してから門をたたきたいと思いました。


彦坂さんは自分の情報発信で集客しリストを集めます。

メルマガに登録してもらうのです。

見込み客を集め、問題を提起し解決する為のアイテム手法を販売するのです。

見事な手法です。


メルマガが気になりだした僕はその他、多くの情報発信者がいることに驚きました。

そんな中 『働かずに稼ぐ』ことにフルコミットのうめ さんを知りました。

そして、小林憲史さんを知り奥村明久さん(みのごりさん)を知るのでした。

『働かずに稼ぐ』ことにフルコミットのうめ さん のブログ↓↓↓↓

アフィリエイトABCクラブはこちらから

小林憲史さん の「UNLIMITED CLUB」公式サイト はこちらから↓↓↓↓

→ https://ul-plus.com/l/m/RIoJvNBMxVZQNr

みのごりさんのブログ:https://7-floor.jp/l/m/IxOET7WbLv893I

しばらくしてインフォトップにアフィリエイターランキングと言う物があり、上位はいつもうんこさんと株式会社アリウープ 札幌オフィスチーム(メディア運営事業部)という会社があり、井口大輝さんを知りました。

アリウープさんの手法はアドアフィリ、自分のアフィリエイトサイトを宣伝するのです。

宣伝経費は掛かりますが、結論が早い手法のようです。


井口さんも惜しみなく手法を公開されていて勉強になりました。

井口さんさんのメルマガで時枝宗臣さんを知りました。


時枝宗臣さん、インターネットビジネスアソシエイツ株式会社

アリウープ井口さんがアフィリエイトを知ったのが時枝さんの本だったようです。


僕もすぐに時枝さんの本を入手し、アフィリエイトの基本を学べそうだったので入門しました。

現在も勉強中です。

時枝さんのスクールに入会するとき、紹介者として 小林憲史さんが。

こんなつながりがあるのだと決め手になりました。

この世界トップレベルの方たちは皆つながりがあるのでしょうね。

そして、時枝さんの紹介で「FB&インスタ広告」アフィリの小林雄樹さんを知るのです。


アフィリエイトと申しましても、様々な手法があり、様々なスクールや教材があります。

いかに継続できる手法で収益を上げられるか、好きなやり方に出合えるかですね。

メルマガ最強説の奥村さんや彦坂さんのメルマガを使った情報発信が素晴らしいと思いました。

彦坂さんの提唱する自動化というもにひかれました。

だって、いくら稼げても作業や顧客対応、外注対応に追われていたらお金と共にストレスも溜まります。

自動化によって、自由な時間的余裕が出来ればあらたな発想もうまれます。

彦坂さんの提唱する自動化は是非学びたいものです。

adsense001